ギャンブルに関する驚きの統計をご紹介

周知の通りギャンブルは大昔からあります。嫌なことから逃れるためにギャンブルをする人もいれば、娯楽目的でギャンブルを嗜む人もいます。ギャンブルはとても楽しいものです。この記事では、ギャンブル好きの人たちが驚くような、興味深い統計や事実をご紹介します。

様々な統計

世界の20%以上の人たちが、一生に一度はギャンブルをしたことがあるのをご存知でしょうか?オンラインギャンブルの人気が高まるにつれて、この数字はさらに増加するでしょう。男性は女性よりもギャンブルをする傾向があります。ギャンブルをする男性は女性の2倍もいます。これには進化論的な裏付けがあるはずです。

家族にギャンブル依存症の人が一人いると、家庭内暴力が起こりやすいことが分かっています。これは、アルコールや薬物の乱用とも密接に関係しています。またギャンブル依存症の人は、他の犯罪行為にも手を染めやすいことがわかっています。「強迫的なギャンブラー」は、ギャンブル活動の資金調達のためにお金が必要なため、法を犯す可能性が高くなります。

ラスベガスには140以上のカジノがあり、世界で一番人気のギャンブル観光地となっています。これには間違いなくハリウッドが一役買っています。多くの映画で、ラスベガスはギャンブルの聖地として描かれています。

ギャンブルの種類

ギャンブルの中で最も人気なのは、宝くじです。理由は簡単です。宝くじは簡単に購入することができ、値段も安いためです。また、他のタイプのギャンブルが禁止されている国でも、宝くじは禁止されていないことが多いです。スポーツベッティングも非常に人気があります。スポーツ好きはギャンブルも好きな傾向にあります。

ギャンブルの勝率

ギャンブルでの平均勝率は13.5%です。この数字は、ギャンブル反対派の人たちが、ギャンブル禁止を唱える理由として使います。とてもデリケートな数字ですよね。スロットの当選確率は49836032分の1です。しかし覚えておいていただきたいのは、表示される勝率はマシン毎に異なるということです。賭けを始める前に必ずスロットの仕様を確認しましょう。

ルーレットのオッズはシングルナンバーなら371です。レッド・ブラックのオッズは、ヨーロピアンルーレットで48,60%、アメリカンルーレットなら47,40%です。つまり、ルーレットの勝率はほぼ50%ということになります。

ギャンブルの将来に関わる確率

カジノにおけるブラックジャックの人気は低下しています。1987年には、ラスベガスでプレイされるゲームの76%がブラックジャックでしたが、現在では50%前後となっています。カジノよりも家でプレイするのが主流になってきていることもあり、この傾向は確実に続くでしょう。

ファンタジースポーツやeスポーツのベッティングも人気が出てきています。多くの人が外出自粛生活を余儀なくされたため、新しいゲームやアプリを作る企業が増えたのです。2021年はこの手のベッティングにとって記録的な年となりました。

暗号通貨ベースのギャンブルも台頭してきました。一部のカジノでは、暗号通貨による支払いを受け入れ始めています。また、バーチャル空間の馬に賭けることができる、Pegaxyのような新しい開発プロジェクトも進められています。ギャンブル業界とその将来をより深く理解するのに役立つ、興味深いギャンブル統計のほんの一部のご紹介でした。それでは、また!